死後離婚を検討する妻は増えている

死後離婚という言葉をご存知でしょうか?

死後離婚は夫の死後に夫の親や兄弟との親戚関係を解消することをいいます。

近年ではこの死後離婚ということを検討する人が増えてきており、夫との仲は悪くなかったけど、夫の親戚や家族とは仲が悪かったという妻からするといい制度だと思う人も多いようです。

死後離婚というのは意外と簡単で、姻族関係終了届という書類を役所に提出すれば法律上は妻は亡夫の親族とは赤の他人になることが可能です。

こういった死後離婚について、相手側の意志は必要ないの?と思う人もいますが、未亡人が提出すれば、亡夫の親族に拒否する権利はないのが特徴で、夫の死後に仲の悪い亡夫の家族に煩わされたくないと思っているなら悪い制度ではないです。

まあ、この年代の人は家庭にがんじがらめになっていて自由がなかった人も多かったと思うので、夫の死によって自由になりたいと思うのは何となく理解することができます。

それに夫の家族と親族関係にあると、お墓の管理や親族の介護などの面倒ごとを背負い込むことになる可能性もあるので、あまりメリットを感じないようならさっさと死後離婚するのも一つの方法だと思います。

やはり個人の人生なので、夫の死後くらいは自由に生きたいと思うのは当然のことだと思います。結婚相談所比較ランキングはこちら